中高年の口説き方

中高年の口説き方と若者の口説き方にはどういった違いがあるのでしょうか?まず、目的が違う場合が多いです。中高年の場合、口説くとなると恋愛の口説きよりも体関係の口説きの方が多いのではないでしょうか。若い人同士だと、セフレになりたいから声をかけるといったことも少ないと思います。年齢や場所によっても変わりますが、まず恋人になってほしいのか、セフレになってほしいのかによって口説き方が変わってきますよね。そして、若者と中高年だと使っている言葉やノリが違います。昔の人からすれば、恋人別れるなんて考えられないという話を聞きますが、今の人は一度や二度別れるのは当たり前という考えが多いと思います。

なので、中高年の人は声をかけられたら真剣に聞いてくれる場合が多いようです。若い人は、いい意味で軽いノリで付き合ってくれる場合があります。熟女でも「私には旦那が」と言っておきながら、本当は嬉しくてその誘いに乗るパターンもあります。

口説き方といってもパターンによって形は変わります。ナンパをして口説く場合、人にもよりますが自分に自信がない女性だと、清潔感のある男性から声をかけられただけで嬉しいと思う人もいます。逆に、清潔感がなく声をかけられたくもないような人であれば、不信感を持つかもしれません。なので、若者も熟女も口説くときは清潔感や身なり格好はとても大切なポイントです。良い匂いのする香水をつけることも大切。確かに、テクニックが上手な人はそうした外見は気にしなくて良いという人もいるかもしれませんが、やはり誰でも最初は第一印象が大事です。

特に中高年はスーツをきりっとして着ているダンディな男性が好きという人も多いので、スーツかテーラードジャケットにチノパンなどの組み合わせでいると、清潔感を与えることができるでしょう。声をかける時も、若い人に声をかけるノリでいくと苦手な中高年も多いので、そこは相手が嫌悪感を抱かないような軽すぎるノリじゃなく、敬語を使ってちゃんと話しかけるといいでしょう。

若者と中高年は、ノリが違います。そのノリを理解するには、使っている言葉を理解すると効果的です。人は、自分と同じ言葉を使っている人に安心感や親近感を覚えます。中高年の人たちが若い頃に流行った言葉などを若者でも自然と使ってみると、親近感が少しずつ湧くかもしれません。逆に、若い人だとそういう声のかけられかたをすると怖いと感じるかもしれません。大人か子供かでも声のかけられ方、格好などによって受ける印象が全く違います。なので、社会の中でも若者より上にいる中高年の人は急にタメ口のような形で話しかけられただけでカチンときて相手にしてくれない人もいるでしょう(成功率激高の方法とは?【出会いを見つけるメールの仕方と婚活パーティーの注意点】)。

逆に、一度受け入れられただ話をちゃんと聞いてくれる人であれば、その先に進みやすいです。口説くと言うより、自分の想いをちょっと砕けた感じで話すようなイメージともいえるでしょう。