胸を触られることについて抵抗を感じる女性って、すごく多いんです

不用意なコミュニケーションが原因で女性の機嫌をそこねてしまい、それが原因で二人の関係がきまずくなった関係はもう二度と元に戻らないということはいくらでもあるので、くれぐれも注意が必要です。

男性は本能的に、女性のバストというものに性的な魅力を感じますよね。これは本能的な感情なので、男性が女性のバストに興味を抱くこと自体は、おかしいことでも何でもありません。むしろ、同性愛者ではない男性が、女性のバストに対して何の興味も抱かないということがもしあれば、そっちのほうがぶっちゃけ心配になります。いろいろな理由があるのかもしれませんが、一番に考えられるのは、やはり不干渉という問題です。

それはともかくとして、女性の胸に関心を持つ男性は非常に多いです。非常に多いというか、男性ならだれもが大なり小なり、女性のバストというものに関心を持つのです。単純にバストのサイズが大きければそれだけで魅力を感じるという問題ではなく、大きなバストが好きだという人もいれば、サイズは小さいほうが魅力的だと感じる人もいて、これがなかなか複雑な問題なのです。だから、胸のサイズが小さい女性がそのことについてコンプレックスを感じていたとしても、実は男性にとってはあまり関係のない問題だったりします。

自分がもし、小さな胸に魅力を感じるタイプだったら、女性の側がいくらコンプレックスを感じていても、その女性はすごく魅力的に見えるわけです。貧乳という言葉がありますが、それは決して単なる悪口ではないんですよ。

女性の胸に対する関心が強ければ強いほど、どうしても触りたくなりますよね。これも本能的に仕方のないことだと思います。私にも出会い系サイトを利用して知り合った人妻がいますが、この女性が本当に素敵なバストの持ち主で、どうしても「さわりてえ」と思ってしまうおっぱいなのです。本人の機嫌がいい時は、ちょっとだけよとか言いながら触らせてくれるのですが、いつも同じように触らせてくれるというわけではありません。

そのセフレから教わったことなのですが、実は女性にとって、男性に胸を触られるのは、実はすごく嫌なことなのだそうです。特にそのセフレが強く嫌悪感を持っていたという可能性はもちろんありますが、それだけではなく世間的に見て、胸を触られることについて抵抗を感じる女性が多いようです。

このことを十分に理解しておかないと、女性との間で余計なトラブルを引き起こしてしまいそうです。

せふれに乱暴なことをされて、喜んでいる私自身が怖くなります

なんとなく噂で聞いたことがありますが、これがレイプ願望というものなのでしょうか。自分ではよく分からない部分もありますし、また、あまりむつかしいことを考えたくはないという思いが当然のことながらあるのですが、私はもしかしたら、レイプ願望を持っているのかもしれません。

本来の意味では、レイプ願望とは、極端なところまで行くと、見ず知らずの異性から乱暴されて犯されたいという願望のことを指しますが、例えば公共の場でいきなり全裸に剥かれた女性がそのまま犯されて喜んでいる……なんて現場を目撃されたらパニックになるので(おそらく男性側は逮捕されるでしょう)普通はそんなこと誰もやらないんです。

男性にしろ女性にしろ、過激な願望があったとしても、それは心の中にとどめておくだけにするというのが普通です。なかなか人には言えない欲求不満を解消するために、アダルト動画のようなものがあるわけです。

例えば痴漢ものの動画を見ていると、どう考えても現実にはあり得ないシチュエーションがたくさん集まっていますよね。どう考えてもあり得ないシチュエーションばかりなのは、痴漢もののジャンルだけではありませんが、電車の中で学生やOLさんなどが素っ裸にされて複数の男たちから辱めを受けるようなシチュエーションは、現実の世界には絶対にありえないわけじゃないですか。

絶対と言い切るのはおかしいかもしれませんが、それでも私はこれまでの人生でそういう場面に遭遇したことは無いですし、そもそもそういう場面に遭遇したことがあるという人はいないと思うので、絶対と言い切っていいと思います。

私のせふれはかなり積極的で、いやらしいセックスを好みます。もしも私がそういうセックスを好まないタイプの女だったら、二人の関係はそんなにうまく入っていないと思うんですよ。ところが、私自身も彼とのセックスや彼のセックスのやり方についてそんなに不満を持っていないんですよね。むしろ満足しています。乱暴なことをされるたびに、あそこなんてびしょびしょに濡れますし、自分でオナニーするときなんて(ほとんど毎日やってます)ここまで濡れないなと思いながら自分でもちょっと不思議というか、自分の体が怖くなる時があります。

まだ結婚も同棲もしていないので、私たちの関係は友達とセフレの間くらいだと思います。こういうあいまいな男女関係って、けっこう多いんですよ。出会い系サイトを利用して知り合った男女はこういう関係に落ち着くことが多いですし、こういう関係こそが気楽だったりするんですよね。

それで、今日はそっち行くねって彼氏に連絡して、家についてチャイムを押して、玄関に上がった瞬間に裸に剥かれるとか、珍しいことではないですね。やめてほしいっていうんですけど、彼は絶対にやめてくれないです。そして私も、やめてといっておきながら実はそんなにいやがってないんですよ。自分でもいやらしい女だなって思います。

セフレ関連サイト情報まとめ【セフレ募集に特化した出会系アプリ 人気ランキング2016

旦那とは離婚するつもりがないんですけど……

mコミュという出会い系サイトを利用していて、たまたま素敵な男性と出会ってしまって、私は今どうやら、その男性に恋をしてしまっているようなのです。
いくつになっても恋はできるというようなことがよく言われますが、私としてはその考え方を少し疑っていたこともありました。
そんな都合のいい話はまずありえないだろうと思っていたんです。

若いころの私は特に焦っていましたね、女の商品価値にはどうしても時間制限があるから、ある程度の妥協を含めて男をさっさと探していかないと、本当に出会いのチャンスを逃してしまうぞと。

そんなふうに男を探している人は大勢いると思います。
若いころの私は特に、出会い系サイトを利用して出会いを求めるということを意識しなかったので、結婚相手を探すといえばお見合いかマッチングサイトを利用するかということくらいしか思いつかなかったのです。
婚活支援のためのマッチングサイトって、すごく便利なんですけど(実際に私もこの手のサイトを利用することで旦那と結婚できたわけですから)でもやっぱり、普通に恋をして結婚するのとはわけが違います。

あくまでこれは私が実際にマッチングサイトを利用してみたうえで得た実感ですが、なんとなく、非常に大事な結婚相手探しの作業がすごく機械的になってしまっていたような印象があります。
スムーズに相手が見つかるんですけど、本当に自分の結婚相手はこの人でいいのかという迷いは当然ありますよね。
より正確に言うなら、マッチングサイトを利用して相手を探した場合、自分の結婚相手は本当にこの人でいいのかといったような悩みすら感じる時間がないのです。

お金を払ってパートナーを探したわけですから、私としては「意地でも後悔したくない」という思いがあるわけです。
恋愛結婚した女性が、結婚後にパートナーの深刻な欠点を見つけてしまったとして、でもそのことを認めてしまうのは癪だからどうしても認められないという話を聞いたことがありますが、私はまさにそんな感じだったのだと思います。
マッチングサイトを利用して出会いを求めるためにはお金が必要だし、それで選んだ自分のパートナーを否定したくないとか、出会ったことを後悔したくないとか、そういう気持ちは当然のことながらありました。

でも結局、マッチングサイトを利用して知り合った今の旦那のことは心の底から好きになれるとは言い切れず、けっきょく私は出会アプリを利用して不倫しているのです。

中高年の口説き方

中高年の口説き方と若者の口説き方にはどういった違いがあるのでしょうか?まず、目的が違う場合が多いです。中高年の場合、口説くとなると恋愛の口説きよりも体関係の口説きの方が多いのではないでしょうか。若い人同士だと、セフレになりたいから声をかけるといったことも少ないと思います。年齢や場所によっても変わりますが、まず恋人になってほしいのか、セフレになってほしいのかによって口説き方が変わってきますよね。そして、若者と中高年だと使っている言葉やノリが違います。昔の人からすれば、恋人別れるなんて考えられないという話を聞きますが、今の人は一度や二度別れるのは当たり前という考えが多いと思います。

なので、中高年の人は声をかけられたら真剣に聞いてくれる場合が多いようです。若い人は、いい意味で軽いノリで付き合ってくれる場合があります。熟女でも「私には旦那が」と言っておきながら、本当は嬉しくてその誘いに乗るパターンもあります。

口説き方といってもパターンによって形は変わります。ナンパをして口説く場合、人にもよりますが自分に自信がない女性だと、清潔感のある男性から声をかけられただけで嬉しいと思う人もいます。逆に、清潔感がなく声をかけられたくもないような人であれば、不信感を持つかもしれません。なので、若者も熟女も口説くときは清潔感や身なり格好はとても大切なポイントです。良い匂いのする香水をつけることも大切。確かに、テクニックが上手な人はそうした外見は気にしなくて良いという人もいるかもしれませんが、やはり誰でも最初は第一印象が大事です。

特に中高年はスーツをきりっとして着ているダンディな男性が好きという人も多いので、スーツかテーラードジャケットにチノパンなどの組み合わせでいると、清潔感を与えることができるでしょう。声をかける時も、若い人に声をかけるノリでいくと苦手な中高年も多いので、そこは相手が嫌悪感を抱かないような軽すぎるノリじゃなく、敬語を使ってちゃんと話しかけるといいでしょう。

若者と中高年は、ノリが違います。そのノリを理解するには、使っている言葉を理解すると効果的です。人は、自分と同じ言葉を使っている人に安心感や親近感を覚えます。中高年の人たちが若い頃に流行った言葉などを若者でも自然と使ってみると、親近感が少しずつ湧くかもしれません。逆に、若い人だとそういう声のかけられかたをすると怖いと感じるかもしれません。大人か子供かでも声のかけられ方、格好などによって受ける印象が全く違います。なので、社会の中でも若者より上にいる中高年の人は急にタメ口のような形で話しかけられただけでカチンときて相手にしてくれない人もいるでしょう(成功率激高の方法とは?【出会いを見つけるメールの仕方と婚活パーティーの注意点】)。

逆に、一度受け入れられただ話をちゃんと聞いてくれる人であれば、その先に進みやすいです。口説くと言うより、自分の想いをちょっと砕けた感じで話すようなイメージともいえるでしょう。